シールの印刷を業者にスピーディーかつ安く行ってもらう為のコツ

シールには様々な種類の既製品がありますが、用途によってオリジナルのものが必要になる場合も多々あります。ここでは急ぎでシールの印刷を依頼したい方へ向けて詳しく解説しています。ポイントさえ押さえておけば発注から納品まであっという間です!安価に早く納品してもらうために大切なことは、用途に合わせた素材の選択とデザインデータを準備することが非常に重要となります。また、作りたいものや枚数に応じて事前に金額と納期の見積もりを取っておけば納品までスムーズに進みます。オンラインやメール問い合わせで見積もり価格を出してくれる業者もあるので、何社か問い合わせをすることをお勧めします。なお素材は目的に応じて選びますが、自分では決めかねるという場合も発注前に確認しておきましょう。

素材は用途によって使い分けましょう

ベースとなる素材には大きく分けて紙とフィルムの2つのタイプがあります。また糊の種類も多く、使用目的に合わせてそれぞれに特徴にあった素材を選ぶ必要があります。逆に言えば用途がはっきりしていれば、さほど悩む必要はないのです。例えば駐車禁止など表示ステッカーなど屋外で使用する場合はフィルム素材で強粘着タイプといったように、目的によって自ずと最適な組み合わせが決まります。一般的に紙素材は主に屋内用として比較的に低価格でシール製作が可能です。値札など日常使いには上質紙、食品用ラベルにはツヤのあるアート紙または発色の良さを求めるなら光沢とありのミラーコート紙もしくは光沢少なめのアートコート紙、高級感のある金銀のホイル紙、味わいを出すには和紙やクラフト紙などの種類から選択します。フィルム素材は材料費が高価になりますが耐久性や耐水性が強いのが特徴です。長期間の使用に適しているので屋外使用にも向いています。フィルム素材にはポリプロピレン樹脂を主原料としたユポ、塩化ビニル、Pet(透明タイプもあり)、ネーマー(金銀)、ホログラムフィルムなど多くの素材があります。

デザイン作成のポイントと注意点

出来上がりイメージは素材とデザインでがらりと印象が変わります。目的に合わせてオリジナルのデザインものを作りましょう。ノベルティやイベント配布用ならば華やかに、ロゴやパッケージなどでは商品イメージ合わせた色使いでデザインすることが大切です。ほとんどの業者はデータ入稿(illustrator/Photoshop)を受け付けているので自前で用意すれば、安くてスピーディーに印刷納品してもらえます。デザインが面倒なら業者に注文または用意されているテンプレート等を利用します。複雑な形や変形シールは割高になる場合もあるので注意してください。データ入稿時の注意点として、断ち切りの場合は塗り足し(カットラインの外までデザインする)し、余白をつける場合はカットラインより規定の内側に収めます。また、印刷用データとして350dpi以上、文字はアウトライン化する、画像は埋め込む、CMYKカラーで保存するなど、各業者の規定を守りましょう。